河内長野市議会議員 堀川かずひろ 公式ウェブサイト

福祉と医療に全力 ほりかわかずひろ

新着情報

2016/05/10
市政だより -5月号-
2016/04/05
市政だより -4月号-
2016/03/01
市政だより -3月号-
2016/02/04
市政だより -2月号-
2016/01/05
市政だより -1月号-
2015/12/08
12月議会初日に孤立死防止条例を議会発議で成立させました
2015/12/04
市政だより -12月号-
2015/11/02
市政だより -11月号-
2015/10/05
市政だより -10月号-
2015/09/04
市政だより -9月号-
2015/08/04
市政だより -8月号-
2015/07/02
市政だより -7月号-
2015/06/03
市政だより -6月号-
2015/05/07
市政だより -5月号-
2015/04/30
市政だより -4月号-
2015/04/30
ホームページリニューアルしました。
2015/03/05
市政だより -3月号-
2015/02/03
市政だより -2月号-
2015/01/06
市政だより -1月号-

ブログ

九州熊本、大分におこり続ける大地震、過去の事例が乏しく、いつ終息するのかもわからない状態、亡くなられた方々には謹んでお悔みを申し上げるとともに、被災されご不自由な生活を余儀なくされていう上に、いつまでも続く余震に、精神的にも肉体的にも大きなストレス、本当にお見舞い申し上げます。水・食料すら届かない避難所、余震が続いて睡眠もろくに取れない状態、なんとか終息してくれと願うばかりです。余震が続いている現状では、ボランティアも活動できません。我に々今できることは、義援金を集めることです。早期に街頭募金に

報道発表では、7月10日(日)参議院選挙と同日行うこととありました。参議院選挙が確定していないので、変動する可能性があるだけでなく、衆参同日選挙となれば、国政選挙と切り離さなければ、投票箱の数や、投票所のキャパからいっても実施できません。河内長野市では、市長選挙だけではなく、市議会議員の補欠選挙もあるので、7月は選挙月間になります。さて国政はさておき、市長選挙では現職市長が、市議会からの追求を受け出馬を見送ることになりましたので、現在は前回出馬した大学准教授お一人が出馬表明(非公式)されています

3月22日(火)~24日(木)の3日間、予算常任委員会で28年度予算を審議してきました。連日、日が変わる寸前まで厳しい議論が続き、予算の内容よりも市長の市政運営に大きな批判がありました。私は、会派みらい創造から一人予算委員会のメンバーになっているので、福祉教育常任委員会で否決されましたが、32名の自治会長から出された、自治会備品補助金の復活を望む請願に紹介議員となっているので、この費用200万円を予備費を削って予算費計上する修正案を提出しました。この修正案は賛成3名、反対4名で否決されたので、本

3月議会は、会派みらい創造の代表質問に立ちます。個人質問では持ち時間が15分ですが、代表質問は35分あるので、多くのテーマで議論するつもりです。件名1 新公会計制度導入について。 要旨1 新公会計制度導入の意義とは。 要旨2 固定資産台帳作成の進捗状況と、台帳の活用について。 要旨3 仕分けの方法と、財務4表の活用について。 要旨4 退職給与引当金の考え方について。先進自治体では、複式簿記を用いた発生主義の会計制度を導入していますが、まだ多くの自治体は現金主義の単式簿記、たとえば公用車を購入して

12月議会個人質問は、第5次総合計画基本計画について、疑問点が多いので聞こうと思います。2つ目は、小中一貫教育。教育効果は一定上がっていると聞いているので、同一施設での一貫教育はいつ頃始まるのか聞こうと思います。中学校の選択制給食、喫食率が下がるばかり、今は1割程度と聞いています。今後どうするのか聞いてみたいと思います。件名1 第5次総合計画基本計画について。  要旨1 ネットワーク型コンパクトシティの実現とは、具体的にどのようなまちづくりをするのか。  要旨2 ネットワーク型コンパクトシティに

市民改革のトップランナー 未来に向かって…今できる事から